タイムマシンで時空を超えてやってきた8人の英雄達!
史上最強の英雄は誰なのか!?

ワールドヒーローズ

機種 スーパーファミコン
発売(開発) SUNSOFT
発売日 1993年8月12日
価格 8000円(税別)


操作性
SFC版の『ワールドヒーローズ』です。
ある意味有名なゲームなので
解説の必要はあまりないかもしれませんが、一応の説明すると、
タイムマシンで様々な時代の英雄を一堂に集め、
最強決定戦を行うという設定の2D格ゲー。

マッドマンラスプーチンの「秘密の花園」を筆頭に
えらく濃い味付けのキャラ達と技が有名なシリーズですが、
初代だとマッドマンは未登場ですし、
超必殺技にあたる攻撃も存在してないので、
以降のシリーズほどのはっちゃけ振りはまだありません。


オリジナルであるネオジオ版からの主だった変更点としては、
同キャラ対戦が可能になった、
オリジナル通りのボタンを押した長さで強弱が変わる
パンチ・キック・投げの3ボタン制と
強弱パンチ・強弱キック・投げの5ボタン制のどちらかから
操作を選択できるようになりました。

ゲームモードはCPUと戦って勝ち進んでいく
「勝ち抜きファイターモード」と「対戦モード」の2種類。
また、勝ち抜きファイターモードでは
電流デスマッチや地雷デスマッチなどの仕掛けがあるリングで闘う
「デスマッチモード」を選択する事もできます。


音楽
格ゲーらしい勢いのある軽快な曲が多いですが、
登場キャラがゲームとして国際色豊かな側面も持っているので、
音楽もそれだけ国際色豊かに仕上がっています。


システム
ボタンを押した長さで攻撃の強弱が変わるオリジナル版での操作や
デスマッチモードで床がベルトコンベアーや滑る床になったり、
リングの端に吹っ飛ぶと追加ダメージをくらったりするのが特徴です。

ただ、デスマッチモードはステージによって
「地雷→電流爆破」というコンボが発生する等、
全体的に奇をてらい過ぎていて、バランスの悪いものになっています。

このため、格ゲーとしての出来はあまりよくありません。
操作性もゲームバランスも悪いですし。
特にボタンを押した長さで攻撃の強弱が変わるオリジナル版の操作は非常に不便です。
それだけにSFC版で5ボタンのコントローラー操作が加わったのは英断ではないかと。


ゲームバランスについては、ユニット間のバランスが悪いですね。
自分がプレイした印象としては、
移動やジャンプのとろい重量級が特に弱い一方で、
紅一点のジャンヌは素早い・剣持ちでリーチ長い・飛び道具ありと
三拍子揃っていて、一番使いやすかったです。

ユニット間のバランス以外では投げ技が強過ぎます。
投げ技がボタン一発で使用できる事と投げ判定が強力なために、
相手の攻撃(必殺技を含む)の発動をキャンセルして
投げ飛ばすということもしばしば。
動きが遅いキャラはこれだけで不利な気がします。

あと『ワールドヒーローズ』で特徴なのは、
ラスボスのギガスが弱い点でしょうか。
これはギガスが一般キャラに変身するためで、
ラスボス特有の凶悪な攻撃がなく、非常に倒しやすいです。
加えてバトル中に変身する場合、
変身中は無敵状態なものの、攻撃してこないので、
変身中に近寄り無敵時間が終わると同時に投げ飛ばす事が可能w



設定・シナリオ
史上最強の英雄は誰なのか!?

この疑問を解くために
タイムマシーンを完成させた博士がいた
それぞれの時代で最強を誇る英雄達が
時空(とき)を超えて闘い合う時がついにきたのだ

熾烈なるデスマッチの中で
彼らの必殺技次々繰り出される。
最後に勝ち残るのは誰か!!


時空を超えた闘いなのにラスボスが宇宙人という話は置いとくとして、
(以降の設定では違うのですが、今作のステージ間デモだと間違いなく宇宙人w)
有名になった後のシリーズほどの強烈さはないものの、
それでも他の格ゲーに比べれば色々と濃いです。

とにかく胡散臭いラスプーチン、
サイボーグ戦士でターミネーターなサングラスをかける
勝利ポーズがあるドイツ軍人のブロッケン、
「蒙虎覇極道」いうショルダータックルを使うモンゴル国籍で
職業・覇王(闘士)のJ・カーン(ジンギスカン)、
他にもハルク・ホーガンブルース・リーがいたり、
「ターミネーター2」のT-1000なギガス等々。

ここまでパロディの味付けが濃くて大丈夫なのかなと、
見ている方が心配してしまいそうな面子です。


独創性
デスマッチモードやボタンを押した長さによって
攻撃の強弱が変わる操作形態に独自性はあると思いますが、出来はイマイチ。

それにしても、デスマッチモードはアクションゲーム的な色彩が強いですね。
ダブルドラゴンファイナルファイト的なイメージに近いというか。


全般
独特のキャラクター達の濃さはインパクト絶大ですが、
キャラクター間のゲームバランスがかなり悪かったりと、
格闘ゲームとしての出来はイマイチ。
ラスプーチンやブロッケン等を筆頭に、
動きがとにかくもっさりとしていた事と
投げ技が強過ぎるのが印象に残っています。

ただSFC版の移植そのものは名移植で、
コントローラーで5ボタン制を選べるようになっただけでなく、
CPU戦の難易度も抑えられて遊びやすくなっています。


得点

戻る