見わたす限りの世界がある。
邪悪なる力により時を止められた一つの王国。
その王国を救うため、今、一人の若者が旅立つ。

ドラゴンクエスト8
空と海と大地と呪われし姫君

機種 プレイステーション2
発売(開発) スクウェア・エニックス
発売日 2004年11月27日
価格 8800円(税込9240円)
備考 DVD−ROM 1枚
プレイヤー:1人
プレイステーション2専用メモリーカード(8MB)対応:178KB以上
アナログコントローラー(DUALSHOCK 2)専用(振動機能なし)
CERO全年齢(全年齢対象)


操作性
さすがのドラクエということで、特に気になるところはなかった。
全般的に快適なのはシリーズを重ねてきた賜物。
読み込みなども、それ程気にならず。

敢えてあげるとするならば、完全3Dで構成された世界が
徒歩の頃は大きすぎると感じることぐらいかな。
まぁ、キラーパンサーといった乗り物がでてくると気にならなくなってきますし
世界の雄大さといったものに通じる要素ではあるので欠点と呼ぶほどではないかも。


音楽
すぎやまこういち先生の大ファンなのですが、やはりいいですね〜。
ラスボス戦でながれる「おおぞらで戦う」はシリーズの中でも名曲だと思います。

システム
いつものドラクエ。
テンションや錬金釜が追加。

ただ錬金釜を使わないと、いい武器がとても限られてしまう仕様には勘弁。


設定・シナリオ
古の伝説に語られしひとふりの杖がドルマゲスという魔術師に解放されてしまう。
ドルマゲスを止め呪いの力により時を止められた一つの王国を救うため
一人の若者と魔物の老人が旅立った。

歴代ドラクエの中ではラスボスの名前がわりと早い段階から存在感ある部類。
クリア後の隠しシナリオをみないと全貌は把握できませんが
ラスボスを倒しただけでもストーリーとしては完結しているので別に構わないのではないでしょうか。

多少残念だったのは、ストーリー上死んでしまうキャラクターが多いのですが
主人公たちがそういうキャラを見殺しにしてるようになってしまった事。
主人公が八頭身になってしまったため、今まで気にならなかったことにも
違和感を感じてしまうようになってしまいました。
昔とやってることは同じ、つまりドラクエらしいところでもあるので難しい所ですね。


独創性
全体としてはいつものドラクエテイスト。

鳥山明のイラストやドラゴンクエストの雰囲気というものを
違和感なく3Dで再現してるのRPGとして凄いと思う。


全般
見た目は大きく変わっていてドラクエというより鳥山明のゲームと言う第一印象。
なかみはドラクエなのですが、インパクトは大きいですね。

難しすぎずもなく簡単すぎずもなく、ドラクエテイストがキライでなければ
相変わらず安心して遊べると思います。


得点

戻る