ジャンピングフラッシュ! 2

パワーアップしたロビットに乗り込み、
ムームー星人を助け出せ!!

ジャンピングフラッシュ! 2
アロハ男爵大弱りの巻

機種 プレイステーション
発売(開発) SCE
発売日 1996年4月26日
価格 5800円(税込)
備考 CD−ROM 1枚


操作性
基本的に大きな高低差があるステージを3段ジャンプを駆使して、
登ったり下ったり墜落したりする3Dアクションゲーム。
クリアまでの時間は2時間ほど。

2段・3段ジャンプ中はロビットの視点が地面に向くなど視界も良好で
特に操作性に問題はないと思います。
ただ、非常に高さを感じさせる独特の浮遊感が魅力なゲームだけに
慣れないうちはかなり3D酔いする可能性があります。


音楽
南国っぽい明るい曲が多いですね。
アロハ男爵やムームー星人、カピタン・スズーキといった
名前のセンスがそのまま曲にのせられたかのようです。

もちろんステージの特色にあわせて日本風から遊園地など
様々なバリエーションがあります。


システム
大まかに言って十字キーで移動、□ボタンでショット、
×ボタンでジャンプ、○ボタンで特殊武器。

操作に関しては極々ふつうの3Dアクションゲーム。
それぞれ3面づつの6ステージにわたり、ムームー星人を助け出していきます。。

特徴的なのは上昇中や落下中に3回までジャンプを繰り返す3段ジャンプでしょうね。
これによってかなりの滞空時間がかせぐことができます。
それがこのゲーム独特の浮遊感につながっています。


設定・シナリオ
前作でロビットに敗れたアロハ男爵だったが、
恐怖の惑星コレクター、巨大生物カピタン・スズーキの手によって
部下のムームー星人とムームー星がビン詰の標本にされてしまった
アロハ男爵は、こともあろうか宇宙市役所に泣きつくハメに。

男爵が市役所に税金を払っていたため
ロビットが残業してかっての敵であるムームー星人の救出に出発した。

アクションですし、特にないのですが、
2周目になると副題が「アロハ男爵恩知らず」にかわるのが笑えます。


独創性
凄まじい高低差や3段ジャンプの浮遊感でしょう。

まぁ、前作があるので厳密に言えば独創性はないのかもしれませんが
この後3Dであることをいかした高低差や3段ジャンプなどを受け継いだゲームが
不思議なことにほとんどでてないんですよね。
続編の「ロビット・モン・ジャ」くらいでしょうか?


全般
概して好ゲームです。
独特の浮遊感は病み付きになりますし、超高度からの踏み付け攻撃も気持ちいいです。

ただ、このゲームにはボリューム不足という大きな問題があるんですよね。
1〜2時間くらいでクリアできるのでちょっと物足りません。
2周目になると副題がかわったり、欧州版の前作を同梱しているあたり
製作サイドもそれをわかっていたとは思うんですが。

出来はいいだけに、そこが残念な点です。


得点

戻る