史上最強のバトル、今新たに!!
ワールドヒーローズ2

機種 スーパーファミコン
発売(開発) ザウルス
発売日 1994年7月1日
価格 9980円(税別)


操作性
SFC版の『ワールドヒーローズ2』です。

前作『ワールドヒーローズ』は、
様々な時代の英雄を一堂に集め、
最強決定戦を行うという設定の2D格ゲーでした。
その方向性を発展させ、
シリーズとしての世界観を完全に確立したのがこの『2』になります。
有名なマッドマンなんかも、『2』からの登場ですしね。


操作は、前作と同じように
オリジナル通りのボタンを押した長さで強弱が変わる
パンチ・キック・投げの3ボタン制と
強弱パンチ・強弱キック・投げの5ボタン制のどちらかから
選択できるようになっている点が挙げられます。
SFCのコントローラーでは
オリジナル版の操作が非常に不便なのは相変わらず。

ゲームモードはCPUと戦って勝ち進んでいくモードと対戦モードの2種類。
また、通常の格ゲーと同じような「ノーマルモード」と
電流デスマッチや地雷デスマッチ等の
仕掛けがあるリングで闘う「デスマッチモード」を
選択する事もできるのも、前作から引き続きですね。

また、『2』も超必殺技にあたるような攻撃がまだありません。


音楽
相変わらず格ゲーらしい軽快さと
国際色豊かなイメージを併せ持った曲が多いと思います。

気に入っているのは、ジョニー・マキシムのテーマ。


システム
SFC版の初代が発売してから
1年後に発売された『ワールドヒーローズ2』のSFC版です。
1年後に発売されたためか前作と共通する部分が多く、
バランス調整やキャラクター増など、
前作のブラッシュアップに主眼が置かれた内容になっています。


前作に無かった追加要素としては、
「挑発」「飛び道具のハネ返し」「投げ返し」があります。

挑発は一見すると何の意味もなさそうですが、挑発は投げとボタンを共有しており、
間合いが少しでも離れていると投げではなく挑発が発動してしまうため、
投げが強過ぎた前作の改善としては機能しています。

ただハネ返しと投げ返しに関しては、
飛び道具と投げが強過ぎた前作を考慮しての対処療法的改善だと思うのですが、
上手く機能しているとは言いがたいです。

特にハネ返しはCPUがよく成功させるので、
CPU戦の難度を引き上げてしまっています。
投げ返しも6回まで投げ返しと投げ返し返しを繰り返せるので、
結局は先に投げた方が勝ちますし、あまり意味がなかったように思います。


「前作よりも大幅にパワーアップ」
前作との比較で言うと、
キャクラクターが6名増えているにも関わらず、
ゲームバランスについてはかなり改善しています。

また、前作ではラスボスで『2』では中ボス扱いのギガスが
変身していない時に近付くと自爆攻撃をしてきたり(勿論ギガス自身はダメージ無し)、
液体金属状態で攻撃したりと、前作よりも強くなっています。

ただ、ラスボスのDIOはあまり強くないです。
動きが素早くトリッキーなため、動きの遅いキャラで苦戦した程度です。
(それでも前作のギガスよりはよっぽど強いですが……)


ボタン一発で出せる投げが強力過ぎるのは相変わらず。
確かに投げ返しと言う要素も追加されていますが……

まぁどのキャラクターも平等に投げが強いので、
バランスは取れていると言えば取れていると言えるのかもしれませんね。
特に『2』ではキャラクターの移動スピードが前作よりも上がっているので、
巨漢キャラクターでも投げの恩恵に与りやすくなってますし。


設定・シナリオ
史上最強の英雄は誰なのか!?
この疑問を解くためにタイムマシーンを完成させた博士がいた
それぞれの時代で最強を誇る英雄達が
時空を超えて戦いを行った。

「史上最強は誰だ?」
しかし、その疑問に終止符が打たれることはなかった。
あれから一年…ニューヒーロー6人を加え、
今、再び史上最大のバトルが始まる。

そう、これがネオ・ヒーローズ・バトル
『ワールドヒーローズ2』だ!!


前作以上に色物揃いになりました。

菩薩掌を使う谷の嫁とか、ワーヒー中最も知名度のある男のマッドマンとか。
ちなみにラスボスはDIOという名前のバオーw
新キャラの中でエリックキャプテンキッドが普通に見えるのは凄い(笑


独創性
前作のブラッシュアップなので特筆するような事は特にありません。
この点では前作未満でしょう。


全般
前作と比べると、バランスや操作性などで、
格ゲーとしての完成度がだいぶ上がっていますね。
色物度もかなりパワーアップしてますが、結構遊べる出来なのではないでしょうか。
ちなみに、1に続いてこちらもSFC版は評判がいい移植ですね。

しっかしこうやって見返すと、
世界観や雰囲気なんかは『水滸演武』にも影響を与えてそうな気も。
まあ、あちらのノリはファイターズヒストリーが元でしょうけど。溝口も客演してますし。
今思えば格ゲーを取り巻く空気そのものが、カオスな時代だったのでしょう。


得点点

関連感想文
ワールドヒーローズ(PS)

戻る