夜華の褥

欲望に曝される彼女たちの歯車がいま
ゆっくりと廻り始める…

夜華の褥

Spiral


操作性
遊郭を舞台にしたノベルタイプのアドベンチャーゲーム。
特に明言されていませんが、時代設定は明治時代辺りとなっています。

操作はキーボードだとシステムメニューが開けないのでマウスが基本。
画面表示は『SEEK』や『絶滅キング』と同じく、
ゲーム画面の外側のバックグラウンドに壁紙が表示されて
他のプログラムを操作できなくなるタイプなので、事実上のフルスクリーンとなっています。

CGモードはありますが、シーン回想やサウンドモードといったものはありません。
また、テキスト関連についても既読スキップや読み返し機能はなく、
メッセージスキップは全スキップのみとなっています。


音楽
サウンドモードがないので曲名はわかりません。

遊郭が舞台ということで、和風な曲が多いです。
全体としては可もなく不可もなくといった所。


システム
画面下部のメッセージウィンドウに表示される文章を読み進め、
時折現れる選択肢を選んでいく極々一般的なノベル型ADVですので
これ以上書くようなことは特にありません。


設定・シナリオ
〜時代の裏で非合法に営業する『桜華楼』を舞台に「女郎」の悲哀を描く物語〜

この桜華楼では普段めったにお目にかかれない遊戯が繰り広げられている。
そのため値段も法外で、かなりの身分の人間しか入れない。
そんな遊郭で働く女性は皆、心の中に働かざるを得ない理由を秘めていた。
望まぬ男達の関係。しかしそれらを受け入れなければならない矛盾。
良心と現実の間でゆれる彼女達の心は、一体どこへ辿り着くのだろうか・・・。


一言で言うと、とにかく暗いです。
まあエンディングが複数あるとはいえ、
遊郭ものである以上暗い話になるのは当たり前なのですが……

『夜華の褥』で問題なのは、ストーリーがひたすら一本調子で
全体を通しての起承転結が見えにくいこと。
ストーリーの進捗状況が見え難いと言い換えても構いません。

ストーリー途中にこれといった目的やヤマがないため、
陰鬱な話が延々と続くだけでラストがなんとなく終わるという、
非常に単調で締まらない展開になってしまいました。


また、主人公を含めた主だった登場キャラが遊女ということで、
ストーリーが進むたびにHシーンがちょくちょく入り過ぎているのも気になりました。

これは勿論エロゲとしては間違っていないのですが、
話が少し進んではHシーン、また少し進んではHシーンというようなことを何度も繰り返すため
ADVとしてはストーリーのテンポが著しく阻害されているという弊害が発生しています。


独創性
ゲームシステム的には特にありませんが、
時代物のエロゲは元々数が少なく、更に遊郭物となると数える程しかありませんので
ストーリーや世界観については独自性が高めと言えるでしょう。


全般
Hシーンが多めなのは結構なのですし、
どんより暗い話が続くのも遊郭ものとして別に構わないのですが……。
ひたすら単調で話のテンポも悪い、というストーリー構成に難がある作品です。

テンポの悪さはともかく、ストーリーが単調な点に関しては、
元々遊郭そのものが周囲から隔絶した「閉じた」空間である以上
遊郭で働く人間を主役に据えつつダイナミックに動く話を組み立てるのは
非常に難しい部分があると思いますが、ストーリー構成や展開に一工夫が欲しかったですね。

まぁ私も遊郭物をそれなりに遊んでいます。
それらの中で、話のダイナミックさや進捗状況のわかりやすさ、
主人公&ヒロイン達の救済の自然さといった部分に関して、
『傾城』の出来が頭1つ抜けているように思います。


得点点


関連感想文
傾城(Win)
絶滅キング ――世紀末淫乱狂想曲――(Win)

対応OS Win95/98
発売(開発) Spiral(ネットファクトリー)
発売日 1999年11月19日
価格 7800円(税別)
製作責任者 金山昌基(製作総指揮)
渡辺新哉(監督)
備考 CPU:Pentium 133MHz以上
(Pentium 200MHz以上推奨)
グラフィック:640×480ドット 65535色以上が表示可能な環境
(800×600ドット フルカラーが表示可能な環境推奨)
メモリ:32MB以上
CD:4倍速以上のCD-DOMドライブ
HDD:空き200MB以上空き容量
種別:18禁

戻る