イース・オリジンの登場人物1 〜主人公編〜

イース・オリジンの登場人物紹介1
〜主人公(ユニカ・ユーゴ・トール)編〜
主人公編/捜索隊編/その他編

ユニカ=トバ/ユーゴ=ファクト/鉤爪の男(トール=ファクト)


ユニカ=トバ ユニカ編の主人公。 神官トバの家系に生まれた天真爛漫な少女。神殿騎士団の団長サウル=トバを父に持つ。 神官の家系に生まれながら魔法を操る事ができないが、あえて神殿騎士に志願した。 女神達を姉のように慕っており、騎士見習いながら今回の捜索隊へ強引に参加する。 「戦闘について」 ゲーム中では持ち前の腕力を活かして斧を振るうが、 火のスキルを装備中は武器が斧から「紅蓮の大剣」に変化する。 通常攻撃は斧が最大6連撃までなのに対し、紅蓮の大剣は4連撃しかできない。 しかし紅蓮の大剣は、斧よりもリーチが長いため攻撃範囲が広い上に、攻撃力に1.1倍の補正がつく。 ヒット&アウェイやボスバトルでは、斧よりも紅蓮の大剣の方が有利。 なお移動速度は、ユニカとユーゴとトールの3人の中間で、 ユーゴの1.1倍強、トールの9割弱のスピードになっている。 以下のリストは、ユニカの移動速度を「1」とした時の3人の移動速度。 参考として、「ユニカが移動に10秒かかる距離」における、3人それぞれの所要時間も併記。
      移動速度 所要時間
    ユニカ 1 10秒
    ユーゴ 0.9弱 11秒強
    トール 1.1強 9秒弱
スキル 風のスキルは、ユニカの周囲に旋風が発生。 旋風には、通常のザコ敵なら旋風の範囲外へ押し出す効果があり、 操作キャラクターにまとわりつくように動き回る敵に対して効果が高い。 また敵を旋風と段差に挟み込むようにして当てると、連続ヒットして大ダメージ。 雷のスキルは、ユニカが目の前の床を叩いて衝撃波を放つ。 衝撃波は真上(鉛直方向)に伸びるので、上空にいる敵にもダメージを与える事も可能。 ただ射程距離が短い上に、使用時には足が止まるので、ボスバトルには不向き。 火のスキルは、“
カイザーフェニックス”による遠距離攻撃で、抜群の使い勝手の良さを誇る。 ユニカ唯一の遠距離攻撃である事は言うに及ばず、 通常のカイザーフェニックスでも障害物の貫通と敵を押し出しながら進む効果があるのに、 ユニカの火のスキルは溜め攻撃がとにかく高性能。 何しろ溜め攻撃は、画面の端から端まで優に届く射程の長さで、更にカイザーフェニックスが巨大化。 適当に溜め撃ちを放っていても、ダメージを与えやすいため。 むしろカイザーフェニックスと紅蓮の大剣が、あまりにも“使え過ぎる”ために、 風のスキルと雷のスキルの立場がないのが困り物。 (ユニカの風のスキルと雷のスキルは、緊急回避手段としても機能しにくいので) 「出番について」 ユニカ編は全体を通じてギクシャク感があります。 例えばトールの扱い。 ユーゴ編でトールよりも先に登場しているエポナが、 「自分達の仲間の一人に、あんたとよく似た男がいる」とユーゴに語ったり、 トールの初登場シーンではユーゴに次のようなセリフを言わせたりしています。
【ユーゴ】
「ああ、よく知っているとも……」
「ファクト家から勘当された不肖の息子にして神殿騎士団副長……」
「サルモン神殿浮上の時を稼ぐため地上で命を落としたはずの英雄……」
「トール=ファクト! それがそこにいる男の名前だッ!」
【トール】
「フッ…… わざわざの紹介、痛み入る。」
わざわざプレイヤーのために、その場に居合わせた人間(ユーゴ・トール・エポナ・フィーナ)なら、 知っていて当たり前の事を滔々と語る、惚れ惚れするようなユーゴの説明ゼリフ。 そしてユーゴの口上に対する、トールの感謝の言葉が光る、
「新版 シナリオの基礎技術」で言う作劇の基本に忠実な、なんとも素敵なやり取りが繰り広げられています。
 説明といえば、セリフとは元来、説明なのです。
事実を説明し、人物の心理、感情を説明し、ストーリーを説明するものです。


 それは、前にも述べたように、私たちの書くドラマは、現実そのものではありません。
いかにも現実生活のように見せながら、それでいて違うのです。
 その大きな違いの一つは、登場人物は誰に向かってしゃべるかということです。
もちろん日常の生活でしゃべることは、
ひとり言をいうときは別として、相手の人物に聞かせるためにしゃべる訳です。

〔中略〕
 しかし、ドラマでは、本当は、相手の人物に聞かせるふりをしながら、観客に聞かせているのです。
いかに情熱的なセリフのやりとりでも、実は観客を意識していることです。
 ですから、その場面では、どうしても話の都合上しゃべらなければならないことでも、
観客が既に知っていることはしゃべりません。
 また反対に、どうしても、その場面では観客に知ってもらわなければならないことは、
登場人物がいかに知っていても、何とかそのことは告げなければならないのです。
「新版 シナリオの基礎技術」より
またユーゴ編では、このトールの初登場シーン後にトール戦が発生。 トール戦後に捜索隊がユーゴを助けにわらわらと飛び込んでくるのですが、 この時にトールが名乗るまでもなく、騎士団の面々が一目見て鉤爪の男がトールである気付き、 そして捜索隊全員がトールの存在を知る事になります。 一方ユニカ編の場合、トールの初登場シーンでユニカはトールの正体に全く気づいていません。 しかも単に気づかないだけでなく、ユニカと一緒にトールを目撃したミュシャが、 鉤爪の男が何者なのかわかったものの、確信がなかったので口に出していないのです。 このためユニカは、鉤爪の男の正体について知らずじまい。 また11階のイベントバトルは、ユニカ編だとキシュガル戦で、トールの出番は無し。 このため捜索隊全員がトールの存在を知る機会がありません。 そしてユニカ編のトールは、その後これといった出番もなく、 鉤爪の男(トール)とユーゴが何か言い争っている場面をユニカが目撃するのが最後の登場。 結局ユニカ編だと、トールはイベントバトルもないまま、 最後まで名前が明かされる事もなくフェードアウトするという いてもいなくても大差ない、どうでもいい存在です。 このようにユニカ編は、トールを筆頭とした重要人物とのコンタクトがうまくできていません。 細かい話はキャラ別の項目に回すとして、神殿騎士団とか、キシュガルとか、イースの双子の女神とか、 ユニカと縁が深そうなキャラクターまでが、ユニカ編でパッとしないケースが多いのです。 ●ユーゴ編・トール編での出番 ユーゴ編のユニカは、騎士団の一員として登場するのですが、 騎士団そのものがイベント時にしか現れず、 更に騎士団は殆どの場合、ユニカを含めた5人セットで動くため影が薄いです。 おまけに騎士団を含めた捜索隊全員が揃ってのミーティングで、ユーゴの女神に対する不敬な発言に 「女神を侮辱することは許さん!」「今の言葉、撤回してもらおう!」と激昂するのは、 騎士団のセシリアだったりして、ユニカ自身の出番やセリフそのものが、 極めて限られたものになってしまっています。 ユーゴ編のユニカの出番らしい出番といえば、 ユニカ以外の騎士団がダレスによって石にされてしまう一連のシーンぐらいなもので、 実質その他大勢の域を出ていません。 トール編においても、騎士団の1人として登場する以外は、 トールに挑みかかるもイベントバトルもなく一蹴されたり、 《悪魔の回廊》で行き倒れている所をトールに助けられたりと、ロクな出番がありません。 それに主人公キャラクターのユニカ・ユーゴ・トールのうち、 イベントバトルのボスユニットとしての登場がないのはユニカだけだったりと、 ユニカは扱いの悪さばかりが目立ちます。 またユーゴ編・トール編は、 両方ともユーゴとトールの兄弟ゲンカがストーリーの軸にしています。 そのうえ、どちらのシナリオでもユーゴとエポナが接近していくなど、 人間関係の変化も互いに共通しています。 このためユニカ編のストーリーだけ、浮いているように見えるのが残念でした。


ユーゴ=ファクト ユーゴ編の主人公。 六神官の1人、カイン=ファクトの息子で次期継承者。神殿騎士団の副長トール=ファクトはユーゴの兄。 若くして強大な魔力を秘めている天才魔道師で、《ファクトの眼》と呼ばれる強力な魔法具を使いこなす。 その才能ゆえか、クールで傲岸不遜にも見える態度を取り、周囲の者から煙たがれる事が多い。 「戦闘について」 通常攻撃は、一直線に進む魔法弾による遠隔攻撃。 魔法弾そのものは、距離無限ではないし(一定距離を進むと消滅)、 敵の自動追尾機能や高度変化もない(階段の上りでは、段にぶつかって消滅)が、 魔法弾はユーゴの左右にそれぞれ1機ずつ展開しているファクトの眼からも放たれる。 このため計3発の横に広がりを持った“面”で攻撃できるのが特徴。 ブースト状態だと、ファクトの眼が左右合わせて4機に増加。攻撃範囲が更に広がる。 魔法弾が一定距離を進む(ズームにもよるが、ゲーム画面領域の横幅3/4ほど)とはいえ、 ユニカやトールとは異なり、ユーゴの通常攻撃ではザコ敵がよろけたり、吹き飛んだりする事がない。 ユーゴは“逃げながら攻撃する”戦い方が基本だが、 移動しないザコ敵はまだしも、操作キャラクターをしつこく追いかけるモンスターは不得手。 なお移動速度は、ユニカとユーゴとトールの3人の中で最も遅く、 ユニカの9割弱、トールの8割弱のスピードになっている。
      移動速度 所要時間
    ユニカ 1 10秒
    ユーゴ 0.9弱 11秒強
    トール 1.1強 9秒弱
スキル 風のスキルは、ユーゴの周囲にシールドバリアを展開。 このバリアにはダメージを1回(溜め状態だと2回)無効化する効果があり、 長期戦必至のボスバトルにおいては非常に重宝する。 雷のスキルは時限爆弾の設置。 設置した爆弾の爆風はユーゴにはノーダメージで、更に溜め状態だと手動爆破が可能になるので便利。 ユーゴが不得手にしている、操作キャラクターをしつこく追い掛けるタイプのザコ敵に対しては、 溜め状態の爆弾を設置直後に即爆発させる“自分が爆心地作戦”が有効。 火のスキルは、ファクトの眼が火をまといながら、ユーゴの周囲を回転する。 溜め状態だと前方へ向かって火炎放射も行うが、 ユーゴは通常攻撃が遠隔攻撃なので、火炎放射は恩恵に乏しい。 また火炎放射の方向は、ユーゴが向いている方向に対応しているため、 ユーゴがちょっと向きを変えるだけでも火炎放射の方向が変わってしまう。 移動しながらの使用には向かない。 「出番について他」 『オリジン』の三つ存在するシナリオのうち、ユーゴ編の完成度が際立っています。 敵キャラの《闇》の一族を大過なく使いこなせているのが大きいですね。上記のユニカ編とは段違いです。 トールとの兄弟ゲンカは、ユーゴ編のストーリーの軸になっていますし、 ダレスからはヘッドハンティングのお誘い。そしてザバは曰く有り気な発言。
    【ザバ】
    「《ファクトの眼》……
     なかなか素敵な魔道具ね。」

    【ザバ】
    「正直、イースの魔道具は
     どうも好きになれないけど……」

    【ザバ】
    「その魔道具だけは
     わたしたちに近いものを感じるわ。」

キシュガルについては、初登場時からして「魔道師との戦いに興味はない」と 自慢げに自らのフェードアウト宣言したりしているものの、 最終的には「エポナが死んだのは貴様が原因なのだろう?」と 一種のケジメとしてユーゴに挑みかかってきます。 更に《闇》の一族のうち、ユーゴ編のエポナは秀逸そのもので、 RPGのシナリオの組み立てにおいて必要な機能を数多く兼任しています。 なにせ“ユーゴ編のヒロイン格”兼、“ボスユニット”兼、 “「敵」である主人公になぜか色々と解説してくれる敵キャラ”兼、 “主人公を助けるお助けキャラ”兼、“お助けキャラの最期の役割「派手に殉死」”。 敵味方の役回りを、横断的に複数担っているというなんとも豪勢な存在。 逆にユーゴ編で残念でならないのは、 ユーゴがフィーナに「女神達はなぜ六神官にすら何も告げずに失踪したのか」という、 物語の核心を突く問い掛けをしている事です。 ここでフィーナは「その事については、確信がないのでまだ話せない」と答え、 ユーゴがフィーナに時が来たら必ず話すという約束を取りつけています。 しかしユーゴ編のラスボスはダレスなので、この伏線が投げっ放しジャーマンになってしまっているのです。 真の黒幕としてのカイン=ファクトの登場を、トール編だけに無理矢理限定したせいなのかなあ? ●ユニカ編・トール編での出番 ユニカ編でのユーゴは、16階にあるラドの塔の入り口でようやく初登場。 ただ初登場そのものは非常に遅いものの、 捜索隊全員が塔の最下層に揃ってのミーティングでユーゴだけが不在という指摘があったり、 フィーナにかけられた結界を解除するため途中までラドの塔にいたり。 ユーゴ編・トール編のユニカに比べれば、これだけでも十分に目立っています。 トール編だと、ユーゴとトールの兄弟ゲンカがストーリーの軸の1つですし、 ユーゴとのイベントバトルが2回もあるなど、トール編の重要キャラクターの1人。 同じ主人公キャラクターでも、イベントバトルもなくトールにのされるユニカとは対照的です。 「設定等々の変更の名残り?」 最後に、余談を1つ。 ゲーム付属の「イース・オリジン オフィシャルビジュアルブック」の表紙は 遠景にダームの塔を配置した捜索隊の集合イラストなっています。 (
「Falcom ダウンロード」オリジンの壁紙にも使われているこのイラスト) ですがこのイラスト、よくよく見ると何故かユーゴの姿がありません。 (ユーゴ以外にも、エオリア・ガレオン・ラモナが不在) またダームの塔周辺の景色も、ゲーム中の描写とは齟齬があります。 集合イラストは「イース1」のエステリアのイラストを参考にしたのか、 ダームの塔周辺には草原や森が見えるのに対して ゲーム中では地表は溶岩が流れた跡のような荒れ野で、しかも曇天です。 (一応、エンディングでは緑豊かになっていますが……) 開発初期の段階で描かれたイラストなんですかね? そういえばオープニングムービーのラストで、 ダレスの“砲撃”によって捜索隊がバラバラになるカットは、12条の光ではなく8条の光ですし…… それも何か関係しているのでしょうか? (あとオープニングムービーには、ザバがいなかったりする) もしかして、『オリジン』のダームの塔って、元々ユーゴ編専用の舞台だったのかも。 キャラクター配置やイラスト、ネーミングから見え隠れする 最初期の超大作構想をドンドンと削ぎ落とす過程で、 元々は別個のストーリーだったユニカ編もトール編も舞台をダームの塔に限定し、 イベント発生のタイミング等々もユーゴ編に合わせたとか? これなら、トール編でダンジョンの仕掛けをイチイチ解きながら 既に占拠している塔を1階から虱潰しに登り続けるというマヌケな展開になっている、 《悪魔の回廊》の突破の仕方のうち「イース1」をなぞっているのは、 ユーゴ編しかないというのも説明できそうですし……


鉤爪の男(トール=ファクト) 鉤爪の男(トール=ファクト)編の主人公で、「秘められし2つの冒険」の3番目のお話。 (なんか、なぜか5人いる龍造寺四天王とか、「魁!!クロマティ高校」クロマティ四天王みたいだ) 「戦闘について」 武器は鉤爪。素早い連続攻撃を得意とし、 ザコ敵相手では、3人のプレイヤーキャラクターの中で最も使いやすい。 しかしバースト攻撃以外の遠隔攻撃を持っていないため、ボスバトルは3人の中で最も相性が悪い。 特にゲーム前半〜中盤のガレオン戦・ユーゴ戦・シオン戦は、正直言ってかなりしんどい。 ちなみにトールはラストバトルのダーム戦に限り、武器を鉤爪からシルバーソードに持ち替える。 このシルバーソードは、剣のクセに三つ又に広がる魔法弾を発射できる優れ物。 (最初からコレを使ってくれればラクだったのに) 「《魔》を受け入れた事で俺の迅(はや)さは飛躍的に上がっている」という トールの自己申告から推測すると、魔を受け入れる前はもっと鈍足だったらしいので、 騎士団時代のトールはもしかして、遠距離武器を使った“砲台”だったのだろうか…… なお移動速度は、ユニカとユーゴとトールの3人の中で最も速く、 ユニカの1.1倍強、ユーゴの1.3倍弱のスピードになっている。 スキル 風のスキルは高速ダッシュ。 移動中に発動すると進行方向へ、待機中の場合は最も近い敵へ向かってダッシュする。 攻撃力は低いものの、移動速度が速い上に発動中は無敵状態なので、 移動手段や緊急回避手段として重宝する。 雷のスキルは雷球を伴う突き。敵に与えたダメージ量に応じてトールのHPが回復する。 敵を引きつけてから発動すると効果的。 ただし射程距離が短い上に、発動中は足が止まるので、ボスバトルには不向き。 火のスキルは、トールが火をまといながら前方向へ小ジャンプ。溜め状態だと2回ジャンプする。 上昇中はガード効果もあるので、緊急回避手段としても使える。 「出番について他」 トール編は、一応最後のシナリオとして物語の謎が全て解明されるのですが、 はっきり言って急造感が漂っていて粗だらけなのが難点です。 「トール」というネーミングは、 「イース2」で六神官の像が安置されている「聖域トール」と同名である以上、 トール編が最重要シナリオという位置づけなのは間違いないでしょう。 しかし正直な所、トール編はどうもツメが甘く、ストーリーの整合性がイマイチ取れておらず、 ユーゴ編にトール編独自のイベントを付与してしまう形が一番収まりが良く、 トール編をわざわざ独立させる必要性は薄いと思いました。 何しろトール編は、塔に侵入した双子の女神を探すためとはいえ、 ダンジョンの仕掛けをイチイチ解きながら、 既に占拠している塔を1階から虱潰しに登り続けるという少々マヌケな展開。 フィーナを捕まえた際には、ラドの塔へワープ移動しているのに、 レアの様子を不審に感じたトールが、ラドの塔に幽閉中のフィーナへ事の真相を尋ねに行く時には、 わざわざ歩いてラドの塔まで登らされるナドナド。 おまけにトールが悪人を演じているにも関わらず、トールのセリフを誰も信じてくれません。 ボス格で策士然としたダレスやトールとは特に親しかった女神達に見抜かれているだけならまだしも、 脳筋キシュガルを含めた《闇》の連中はおろか、一応敵対している捜索隊の面々にまで、 全く信じてもらえない道化っぷりは、いくら何でもあんまりです。 鼻で笑われたり、誰も信じてないわよと宣告されたり、 トールの言っている事を誰も信用していないのでは、ただのピエロです。 惨また惨の一言に尽きますね。 やる夫のAAが似合い過ぎて怖いぐらいですが、まさにこんな感じ。 挙句の果ては、エポナがトールにユーゴの事を尋ねたり、あれやこれや語る様子を見て、 弟の恋路を微笑ましく見守るトールの方が、一番微笑ましい始末です。 こんな状態ですから、トール編のトールがユーゴに偉そうに説教を垂れるシーンは、 なんか出来の悪いコメディかのよう。 そんなトール編において、トールの大根演技に付き合ってくれる数少ない“良い子”は、 《闇》ではエポナだけなのですが、 捜索隊の中でトールとファーストコンタクトを果たしたのが生真面目なガレオンだったため、 ガレオンだけはトールの言葉に思いっきり釣られてくれています。 さすがは親友と弟の嫁。 ●ユーゴ編・トール編での出番 ユニカ編のトールは、名前を伏せた状態で出てきたのはいいものの、 結局「トール=ファクト」という名前が知られる事無くフェードアウト。 ユニカ編では、エポナもゲーム終盤のボスユニットとして登場するために トール戦の枠を用意できず、1人あぶれてしまったのでしょう。 ユーゴ編では、ファクト家の兄弟ゲンカがストーリーの主軸の1つなので、 名前はもちろんトールがどういう人物なのかの解説までありますし、 トールとのイベントバトルは2回も発生します。 ユーゴ編では、悪役・敵役としてしっかり機能しているだけに、 主人公として活躍している筈のトール編の方が、かえって蛇足に見えますね。 ユニカ編ですら「作りきれなかったっぽくて残念」程度なのに、 トール編はトールの名誉のためにも無い方が良かったというデキ。 なにしろ「《魔》を受け入れた事で俺の迅(はや)さは飛躍的に上がっている」という トールの自己申告をそのまま信用すると、 騎士団時代のトールはシルバーソードを使った単なる“砲台”だったという重大な疑惑が……w


イース・オリジン - 登場人物紹介1(主人公編) イース・オリジン - 登場人物紹介2(捜索隊編) イース・オリジン - 登場人物紹介3(その他編)

『イース・オリジン』へ戻る
ウィンドウズへ戻る
その他へ戻る