エスケイプ!

呪われた地下迷宮には
エッチ大好きな女の子がいっぱい!?

エスケイプ!

May-Be Soft


操作性
『エスケイプ!』は、フィールド移動タイプのアドベンチャーゲーム。
洞窟に迷い込んだ冒険者の主人公が、洞窟から脱出する手段を探すと言うもの。
発売は1996年で、発売ハードはPC-98です。

ちなみに感想文でPC-98シリーズをハードにした
ゲームの感想文をアップロードするのはこれで3タイトル目。
ただ、この『エスケイプ!』の場合は「美少女ゲームクロニクル」の同梱版で、
厳密に言うと自分がプレイしたのはPC-98版そのものではありません。
『ハラキリ』と同じケースですね。


主な操作
操作はキーボード・マウス両対応。
基本操作としては

選択・移動      [↑][↓][←][→]、[8][2][4][6]、マウス
決定         Enteキー、マウス左クリック
キャンセル      Escキー、マウス右クリック
サブメニュー呼び出し イベントシーン以外でEscキーを2回押す、もしくは右クリック

サブメニュー画面は
「持ち物を見る」「データロード」「データセーブ」
「メッセージスピード」「キャラ移動スピード」「タイトル画面に戻る」。

文字表示はメッセージ速度の変更のほかには
読み返し機能は勿論メッセージスキップ機能もありませんが、
テキスト量の多いゲームではないので大丈夫でしょう。

ただ、イベント絵の上にメッセージウィンドウが表示された際、
イベント絵の構図や色使いによっては文字が見にくくなる時があったが不満点ですね。

おまけの機能についてもCGモードのみ。
閲覧の形式もサムネイル方式ではなく順送り方式だったりと
時代を感じさせる仕様となっています。


「ユニークなところ」
このゲームの面白い所は、あまりADVっぽくない事です。

ストーリー絡みで言えば、
剣と魔法のファンタジー物の世界観・ダンジョン内に点在するキャラクターや宝箱。
操作性の絡みで言うと、ドット絵のキャラを直接動かす・見下ろし型の移動画面etc……

一見すると、ドラクエ・FFのようなRPGそのものに見えます。
レベルアップ等のパラメータ的な成長が一切なく、
更に戦闘パートといった物も無い点でそれらと大きく違います。

RPGとADVに限らずゲームジャンルの区別というものは、どのようなやり方であれ非常に繊細な部分を孕みますが
マニュアルや「美少女ゲームクロニクル」のインタビューを見る限り、製作陣も『エスケイプ!』をADVとして扱っています。
また堀井雄二さんが「虹色ディップスイッチ」で言う
ADVとRPGの違いは「RPGは、自分のキャラクターが成長する」という堀井基準で考えても、
数値上の成長がない『エスケイプ!』はRPGではなくADVであると扱った方が収まりが良いのではないかと思われます。


音楽
全体的に可もなく不可もなくといった所ですが、
この中では呑気でお気楽そうなタイトル曲と
隻眼の女剣士・カルアに剣を突き付けられた時の慌ただしいコミカルな曲が印象に残ってますね。


システム
ドラクエ・FFのような見下ろし型のダンジョン内を動き回り、
最終的にダンジョンから脱出するのが目的。

これは『美少女ゲームクロニクル』での紹介でも

「『エスケイプ』の通常シーンは、
 迷宮の中をドット絵のキャラクターが移動するRPGライクなシステムになっている。」

とあるように、この説明が一番わかりやすいADVです。

謎解きや時間制限、アイテムの使用といった要素はなく
迷宮を脱出してゲームクリアするための難度は低く設定されています。

ただ必要なアイテムを入手していない状態で一定回数以上女の子に話しかけると、
その後にアイテムを入手した状態で話しかけてもHシーンを拝む事ができなくなります。
見た目がRPGっぽいだけに女の子に何度も話しかけて、
情報収集に励んでしまいやすいので、そこには注意が必要です。


設定・シナリオ
主人公のルートは世界各地を旅する探険家。
将来自分の冒険を記録として残すために旅を続けていた。
ある日一つの冒険を終えて自宅に帰る途中、
落盤事故に巻き込まれて地下深くに落ちてしまう。
気がつけば謎の遺跡の中。
果たして無事に地上まで戻れるのだろうか?


ダンジョンに迷い込んだ主人公・ルートがダンジョンを脱出するというお話です。
タイトルの「エスケイプ」以上でも以下でもありません。

むしろダンジョン内にいる女の子とのHの方がメインなぐらいだったり。


独創性
ドット絵の主人公を操り、ダンジョンフィールド内を移動する「ADV」というのは
幻住庵の感想文で言うと『マッドパラドックス2』『エリュシオン』があります。
「同級生」を筆頭に90年代だとまま見たタイプですが、
その中でも『マッドパラドックス2』『エスケイプ!』のように
ダンジョン探索と脱出を最終目標にしているのは珍しい部類に入るのではないでしょうか。

『マッドパラドックス2』を始め、『あれ』『これ』『それ』等でも書きましたが
このゲームもRPGとADVの中間にいるゲームです。
この『エスケイプ!』はフィールド上の主人公を直接動かしていくゲーム画面の構成や
ファンタジックな剣と魔法の世界観、脱出のためのダンジョン探索と言う目標等
諸々の要素はRPGに多く見られる要素ばかりです。
大きな違いはパラメーターの上昇という要素の有無だけです。

RPGとADVの違いについては既に何度も書いているのでここでは省きますが、
こういう複数ジャンルの境界線上にいるようなゲームは
ゲーム作りの面白さと不可思議さを感じされてくれます。


個人的に興味深く感じた点として、
マニュアルに

「このゲームはパラメータ重視のAVGではありませんので、
 誰でも必ずエンディングを迎えることができます。」

と書いてある点ですね。

わざわざ「誰でも必ずエンディングを迎えることができます」と書いてある辺りにもビックリですが、
その前の「パラメータ重視のAVG」という表記も気になる所。
この場合は同級生シリーズやきゃんバニシリーズのようなゲームを指しているのんでしょうか?

取り様によっては、当時のエロゲのゲームデザインの多彩さというか、
懐の深さが垣間見えると言えるコメントかもしれませんね。


全般
点数は7。

ADVはADVでも、文字を読み続けるだけのADVゲームよりも、
主人公をあちこちへ動かしてフラグを立てていくという方が好きですし、全体に漂うお気楽な雰囲気も気に入っています。

自分自身はこういうタイプのADVにまったく抵抗がないだけに、
この手のタイプが2009年に現在発売されたらボコボコに叩かれるのが簡単に想像できる現実は
ゲーム業界の中でもエロゲーは随分と狭量な場所になってしまったんだなあと一抹の寂しさを感じます。


得点点


関連感想文
ハラキリ(PC-88)

マッドパラドックス2(Win)
エリュシオン(Win)
ガングレイブ(Win)
メンアットワーク!(Win)
ネイルズ 〜Beginning of Your "Heart Beat"〜(Win)


参考資料
堀井雄二『虹色ディップスイッチ』ビジネス・アスキー 1990年


機種 PC-9801VM・UV(PC-286)以降
PC-9821で平成7年12月迄に発売されている機種
発売(開発) May-Be Soft
発売日 1996年2月29日
価格 7800円(税別)
製作責任者 日高真一(ゲームデザイン・マップデザイン・プロデューサー)
備考 3.5"2HD 3枚組
メインメモリ550KB以上必要(ハードディスク使用時)
種別:18禁

戻る