壮陽佳肴(ツォンヤンジャーヤオ)

主人公の毒牙にかかる美少女の数々 思わず笑ってしまう変態妖怪たち
そして難事件の裏で蠢く巨大な悪の影  自称天才美形仙人が繰り広げる冗談的中国絵巻!

ツォンヤンジャーヤオ

機種 PC-9801
発売(開発) スタジオみるく
発売日 1994年4月8日
価格 6800円(税別)
製作責任者 SYO(企画・脚本・演出・技術)
山口和夫(総指揮)
備考 3.5インチ2HD86ボード対応
VM以降
UV2メモリ増設640K必要
バスマウス必要
MS-DOS V3.1以降が必要
種別:18禁


操作性
中華風な世界観のコマンド選択式アドベンチャーゲーム『壮陽佳肴(ツォンヤンジャーヤオ)』です。発売したプラットホームはPC-98になります。
(以下、本作を『ツォンヤンジャーヤオ』と表記)

タイトル名の「壮陽佳肴(ツォンヤンジャーヤオ)」は、
「メガストア1995年10月増刊 メガストアギミックス vol.1」に掲載されている、『ツォンヤンジャーヤオ』の紹介記事によれば次のような意味だそうです。





また「佳肴」は、「広辞苑 第六版」にも「【嘉肴・佳肴】よい肴さかな。うまい御馳走」とあります。
これらの意味の通り、劇中でも壮陽佳肴は料理の扱いです。
(以下、劇中の料理を指す場合は「壮陽佳肴」と漢字表記)

しかし劇中で出される壮陽佳肴は、実はとんでもないゲテモノ料理で、表示されるグラフィックからしてヤバそうな物ばかり。
「えーと材料は・・・・蜥蜴・・・猫・・蛇・・・。それから蚯蚓!?」とか、ほかにも人面リンゴとか、緑色をした「仙酒」(目玉やミミズ入り)とか。
果ては主人公が「なんて不気味な饅頭なんだ?」と思わず漏らした、
ファイナルファンタジーシリーズの敵モンスター「ヘクトアイズ」さながらに幾つもの目玉(本物かどうかは不明)が生えている「生気充満饅頭」とか。

ただし見てくれがこんなでも、味は結構イケるらしい。


「主な操作」
操作はキーボード・マウス両対応ですが、ゲームの起動時に次のようなメッセージが表示されます。



この時に左クリックすると操作がマウスオンリーになり、リターンキー(Enterキー)ならキーボードのみの操作になります。
つまりキーボード・マウス両対応にも関わらず、実際のゲーム中ではキーボード・マウスどちらかでしか操作できません。
中途半端な仕様になっているので、キーボード・マウスを併用できるようにして欲しかったですね。


音楽
中華風な世界観という事で、音楽も中華風です。
この中ではタイトル画面のテーマ、通常テーマ、最後の戦いである麒麟戦のテーマでしょうか。


システム
『BE-YOND』『恋姫〜K・O・I・H・I・M・E〜』と同じく、表示されるコマンド群の中からコマンドを選び、
フラグを立てる事でゲームを進めていくオーソドックスなコマンド選択式ADV。

「見る」「考える」「話す」「移動」のコマンドが基本ですが、シーンによってコマンドが追加されたり、
主人公以外は誰もいない場合は「話す」が、移動する必要がない時は「移動」が表示されなかったりと、
『Super D.P.S.』『エイミーと呼ばないでっ』に近い仕様になっています。


設定・シナリオ
仙人修行をしている主人公は、禁欲の戒めに堪えられず人間界へと逃げ出してきた。
手には精力絶倫薬丹が記されている壮陽佳肴秘宝大全。これさえあれば、面倒なしに女とやれる!
出会った女に片っ端からそれを食べさせ、これこそ我が天命とばかり女とやりまくっている時、
宮中ではこの国を奪おうとする黒い陰謀の影が渦巻いていた。


物心ついた頃から仙界にいた自称美形天才仙人の主人公・炎が、
このまま仙人修行を続けたら向こう500年は童貞のままという現実に嫌気が差して、
人間の女とやりまくろうと老師の秘法・壮陽佳肴秘宝大全を盗んで下界にやって来るお話。

邪魔な妖怪共をブチのめし、壮陽佳肴を使って女漁りを続ける中、
主人公が自覚がないままに宮中の陰謀に巻き込まれる事になります。


先に紹介した壮陽佳肴の説明からでも窺えるように、
同じくPC-98をプラットホームにした『Super D.P.S.』同様、
登場キャラクターのテンションが高いです。

例えば主人公が自称美形天才だからか、やけにクサい台詞がチラホラ。



「表現がキツい」
また『ツォンヤンジャーヤオ』でも、PC98をプラットホームにしている『パニックドールズ』『ロマンスは剣の輝き』で見られるような、キツくて容赦のないセリフが多いですね。


(【主人公の老師・風仙人】)
「・・・・・バカ者!
今は修行の真っ最中だ!」
(【炎】)
「・・・・でも、こんな高温の業火の中で、
・・・・・このままでは死んでしまいますぅ」
(【風仙人】)
「仙人が死ぬかバカめ、
死ぬんだったら才能が無いんだ。
いっそ本当に死ね」

(【炎】)
「そんな無茶苦茶なぁ」
(【風仙人】)
「バカもの、精神集中すれば炎の中でも生きられるのだ」
(【炎】)
「迷信ですよぉ」
(【風仙人】)
「仙人がそんなこと言ってどうする!
一週間炎の中から出ることをゆるさん!」
《コマンド「話す」⇒「もちろん話したくない一世紀前は若い娘だったババア」》
だから、話したくないと書いてあったろう。
しょうがないなあ。
(【炎】)
「よっ、婆さん。
あんたに美人の孫でもいないか?」
(【婆さん】)
「いやしないよお、いやだねえ。
そんなに歳くってるように見えるかい?」
見えるに決まってるだろうが。

(【炎】)
「あっそ、邪魔したな」
(【婆さん】)
「ちょいと、おまちよ。いい若い者だねえ、
あたしがあと十年若けりゃあほっとかないよ」
ほっといてほしいが。

(【炎】)
「どうだい婆さん、ここいらに美女がいるって話をしらないかい」
(【婆さん】)
「あたしのことかい。イヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒ」
マジで、逃げたくなった。

本作の主人公・炎はやりたい放題で、言動も非常に攻撃的なのですが 老師の風仙人を含め、炎にも沢山のキツい台詞を浴びせているので、 プレイヤーの印象としては意外とバランス取れています。 「直接的な下ネタが多い」 このほかに『ツォンヤンジャーヤオ』の特徴として、下ネタというか、下世話な表現が非常に多いです。 下ネタ自体は、同じく98をプラットホームにした 『ドラゴンナイト4(PC98)』及び『同4(Win)』、『ワーズワース』にも数多く見られますが、 『ツォンヤンジャーヤオ』は主人公が「おれは自分以外の美形は嫌いなんだよ」とのたまう、 美形&天才を自称する自信屋だからか、他人(妖怪を含む男全般)を嘲る直接的な下ネタ表現が目立ちます。
(【炎】)
「立ち去るわけにはいかん。
美形の主人公としての役割があるのだ、
端役で悪役、アレは短小で包茎、しかも早い虎よ。
おれこそ真に慈悲深い男だから、
そのまま黙って地獄界に帰るのなら、見逃してやらんでもない。
が、その役割を知らず。
無謀にもこの天才美形主人公たるおれに逆らうと、
その哀れで汚くチンカスがこびり着いていて、
小便以外に使うことは世の迷惑なモノを失うばかりか、
輪廻の枠からも消滅することにもなるぞ。
おまえは地獄界のメスの妖怪とでもやっていればいいのだ」

《コマンド「見る」⇒「でっけえ門」》
飾り気のない門だ。
でかい街なら少しくらい飾ってもいいだろうに。
この国の王はケチだな。
たぶんあれも小さくて包茎にちがいない。

《コマンド「話す」⇒「血道も干上がっているくせに性欲はあるババア」》
なあ、本当はてめえババアとやりたいんじゃねえのか。
やめとけ、濡れてもねえ穴に入れて、
しわしわの身体にまたがっても反吐が出るだけだぜ。

《コマンド「考える」⇒「ホモ兄貴馬妖怪」》
女を襲っているということは、
真性のホモじゃあないんだろうが。
仮性包茎でも包茎のように、
かりに男とやったとしてもホモはホモだろう。
だが、両刀使いということもあるな。
女に入れてる最中でも、
ケツはチンチンを求めているわけか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
想像するのはやめよう。

まーだぁ、醜男が野菜を売っている。
せこくて、不細工、短小、包茎、デブ。
哀れなやつだ。

この通路の先に、
インポで哀れな王がいるわけか。

(【炎】)
「変態ロリコンパンダよ・・・・・・。
初潮もきていない子どもと何をしようっていうんだ」
「まさか・・・・・。
そんな穴じゃねえといけないくらい小さいんだろう」
(【パンダ妖怪・混秀魔】)
「いやらしい奴め、
ただ、側にいて遊ぶだけでいいんだ」

(【カメ妖怪・清峰亀】)
「・・・サドだと・・・。
ゆるさん!!
倒錯傷害愛好者となぜ言えない」

(サドと倒錯傷害愛好者の違いはいかに)
「チンカス虎」「変態サドホモ耽美獅子妖怪」なんてのもありますが、 「包茎」という言葉が多いのは、製作陣のこだわりか何かですかね? 「おじさん」 ドラゴンナイト4シリーズのエト、『ワーズワース』のポルックス同様、 「おじさん」を「お兄さん」に訂正させる主人公。 お兄さんにこだわるギャグは、PC-98の独自性が強いギャグのようで、 コンシューマーではあんまり見ないですね。 セガサターンの『アルバートオデッセイ外伝』とか、 プレイステーションで発売された『スレイヤーズわんだほ〜』で主人公のリナ=インバースが、 子どもに「おばさん」と呼ばれて無言で怒りを露わにするぐらいでしょうか。 ちなみに、この主人公・炎は「かっこいい」と言われると、 「いい響きだ」とがわかりやすく嬉しがる辺り、ある意味で扱いやすい人である。 (ブタもおだてりゃ木に登るってか?)
(【花売りの女の子】)
「あっ、すっごくかっこいいお兄ちゃん
お花を買ってくれる気になった」
すっごくかっこいい。いい響きだ。

(【魚売りの娘】)
「あっ、かっこいいお客さん。
いい魚が入ってますよ。
何にしましょうか」
かっこいい・・・・。
いい響きだ。

独創性 明らかに色物な性転換系を除けば、中華物の世界観というのは、非常に珍しいと思います。 幻住庵の感想文の中でも『性略』『紅涙』『朱華』『B.M.P. GO GO WEST!』以来ですね。 『ツォンヤンジャーヤオ』を含めた中華物4作品の中で、 この『ツォンヤンジャーヤオ』が最も本格派っぽいです。 まあ『性略』には、宦官という隠し玉がありますが(正確にはカストラートですね)。 逆に『GO GO WEST!』が一番軽い。 だからと言って『GO GO WEST!』が軽薄短小で、 『紅涙』とかが重厚長大というわけでもないですけどね。 「メタ的なセリフもキツイ」 この『ツォンヤンジャーヤオ』では、主人公のメタ的なセリフもキツイです。 これは設定・シナリオの項目で挙げた挙げた、婆さんとの会話より。 時代はくだりますが、『EVE ZERO』の次のセリフが思い出されます。
〈仁科組邸前にて〉コマンド《投げる》⇒《人生》
【小次郎】
そいつは比較的簡単だな。
目の前にある組事務所に、抜き身の日本刀片手に乱入すればいい。
すっぱりと人生投げられること請け合いだ、見てみたいから是非やってみてくれ。
言っておくが、その時おれは赤の他人だぜ。


(2回目以降)
【小次郎】
投げたきゃ勝手にやってくれ。
全般 点数は8。 テンションの高さや、表現のキツい毒舌、下世話なネタなどに代表される PC98的な王道シナリオをもつタイトルですね。 また『ツォンヤンジャーヤオ』では、それらPC-98的な王道を存分に活かしており、 女の人とエッチするためのエピソードを何度となく繰り返しながらも、 ストーリーの目的や流れが明確で起承転結がしっかりしています。 そのため細部を見ると、寄り道ばかりしているのですが、 『ナイトデーモン』『ムーンライトソナタ』『檸檬』『隠れ月』のように、 「無目的・無目標」「ヤマ無し、オチ無し、意味無し」といったことがなく、 全体としてはジェットコースターのようにテンポ良く話が進んでいるように感じるのも良い点です。 結果として主人公・炎が、とんでもなく即物的な輩になっているのはご愛嬌でしょうか。 あと劇画調と言っていいのかわかりませんが渋いイラストレーションや、世界観が、(それなりに)本格感のある中華物というのも、気に入っている点ですね。 得点点 余談ですが、このゲームは盛大な誤字があり、パッケージでは「壮陽肴」にも関わらず、ゲーム中では九分九厘「壮陽肴」となっています。 マニュアルの表紙でも「桂」を使っているのに対し、マニュアルの本文中では「佳」を使っています。ワケガワカラン…… まあ「佳肴」はともかく、「桂肴」だと意味が通らないので、パッケージの方が誤字だったのではないか?と思っています。 感想文では、ゲーム中での使用回数が多い「壮陽佳肴」の方を使いました。 関連感想文 BE-YOND(Win) 恋姫 〜K・O・I・H・I・M・E〜(Win) Super D.P.S.(PC98) エイミーと呼ばないでっ(PC98) パニックドールズ(PC98) ロマンスは剣の輝き -THE LAST CRUSADER-(PC98) ドラゴンナイト4(PC98) ドラゴンナイト4(Win) ワーズワース(PC98) 性略 〜後宮での秘め事〜(Win) 紅涙 −くれないのなみだ−(Win) 朱華(Win) ナイトデーモン -夢鬼-(Win) ムーンライトソナタ(Win) 檸檬(Win) 隠れ月(Win) EVE ZERO(PS) アルバートオデッセイ外伝(SS) スレイヤーズわんだほ〜(PS) 参考資料 編/新村出『広辞苑 第六版』岩波書店 2008年 『メガストア1995年10月増刊 メガストアギミックス vol.1』コアマガジン 1995年

戻る